写真あそび

「心で見たものを写真に」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

県立植物園で 

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.(パンケーキ)というレンズ、先週キタムラに注文したらすごい人気で1カ月待ちだそうな。
今朝ダメモトでヨドバシ新潟に問い合わせるが、在庫無し。
ビックカメラに聞いたら1個だけあり!その後の入荷は全く未定だそうで・・・
キタムラにキャンセル。ビックに取り置きを頼む。
ポイント1万円溜まっていたのでこれを使った^^

外は大荒れ。
しかし、自然と室内植物園へ足が行く。
この時期の新潟地方、レンズテストは室内がいい^^

パンケーキの感想
「ニコンもキヤノンもクソ高いレンズばかり作っていないで、少しはパナソニックの爪の垢でも煎じて飲んでみれば!」
っていうくらいいい描写でした^^

で、ここでズッコケるかもしれないけど・・
事のほかDP2の写真も負けず劣らず良い描写でしたので4枚載せます^^

花の名前は毎度の事ながら聞かないでくださいね。


シグマ DP2
SDIM0007-1.jpg


SDIM0035.jpg

↑ ↓ DP2もフォーカスエリアを選べます。そしてこの24.2mm(41mm)F2.8のレンズはさすがにメーカーらしく、かなり拘って作ったようです。
パンケーキとは全く同じ画角になります。


SDIM0027.jpg


彩度を下げても雰囲気が出ますね。
SDIM0041.jpg

ここからは興味の無い方はスルーしてください。

SIGMAの採用しているFOVEONセンサーはAPS-Cサイズと言われていますが実際はフォーサーズとニコンDXの真ん中くらいの面積を持つセンサーです。
カタログ上では14.1メガピクセル(1400万画素)という表記にはなってますが、FOVEONの場合、3層構造なので実際得られる画素数は465万画素なんですよ!

「いまどき465万画素って・・って」思いますよね?

画質とは、解像感と諧調表現であって必ずしも画素数がすべてではないのです。

手振れ補正もない、顔認識など便利機能もない、1つ撮影するごとに書き込みにすごく時間がかかる、動体は撮れない。
そして実際の465万画素。
このあたりを理解して使わないと難しいカメラなのかもしれません。

そういう自分はかなりハマってはいますが、相変わらずこのカメラは低い打率です^^;


持ち主N君へ
今回ちと本気出して撮ってみたて
便器以外ならこんなに奇麗に撮れまっせ!(笑)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。