写真あそび

「心で見たものを写真に」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

嬉しいご報告 

家族の事で嬉しいニュースがありました。
今日くらいは私の親バカをどうかお許しください。



本日長男が地元大学の歯学部に合格しました。



え???って思った方。何かおかしいですよね?
うちは次男が今年大学卒業で春から就職なのに、なぜ今長男なのか・・。



実は色々ありました。

長男はごく普通に北陸地方の国立大学の工学部に入り、4年間学びました。
しかしその間では将来の目標が定まらず就職する事もせず卒業して飲食業に1年。

2年目に入る前、家族で話し合い、家業を継ぐべく京都の会社で修行も兼ねて就職。

その年の11月にリーマンショック・・・。

当然製造業であるその会社も経営が圧迫され経営改善の為、高齢の方と後継ぎの人間からリストラの対象にされました。
未曾有の大不況。こちらに戻ってうちの仕事をしようにもこちらも連日開店休業状態。


またまた大きく目標を失った彼は2週間のアメリカ貧乏一人旅に出かけます。

そこで出会った複数の若者達(日本人)が素晴らしかった。
それぞれに明確な目標を持ったひとばかり。
「いつかこれでアメリカで成功するんだ!」と・・
彼の目と心に大きく刻みこまれる事になったのです。


数日後
「俺、医師目指すわ!」と言われた時は空いた口がふさがらなかったのを昨日のように思い出します。

それから猛勉強をするも、翌年信州大学は不合格。

去年の春、私達は彼にもう一度だけチャンスを与える決断をしました。



そして今年。家計の苦しさも察してか、志望大学は家から通える新潟大学一本に絞っていました。

てっきり医学部の受験だと今日の午前中まで信じていましたが、彼からの電話で
「今まで黙ってて申し訳なかった。センター試験の成績から判断して医学部は賭けに等しいかったので、可能性のある歯学部を受けて今合格を確認した」と・・。



その時は何がなんだか良くわかりませんでしたが、夕方合格通知が速達で届いた時には「彼の目の前にやっと道が見えた。」としみじみ感じたのでありました。



3年目の挑戦は自ら封印した結果でした。(少し複雑な心境ですが)


27歳での人生の再挑戦はこれからはじまります。



ビートたけしの言った好きな言葉があります。

「まだ、なーんにも始まってないよ!」

彼には常にこんな気持ちでがんばって欲しいです。



これはそのアメリカの旅での1枚です。
IMG_0614.jpg





スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 20 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。