写真あそび

「心で見たものを写真に」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

国指定 重要無形民俗文化財 「牛の角突き」-山古志 

 山古志の「牛の角突き」の歴史は古く、一説には千年前とも言われています。足腰が強く、寒さや粗食に耐える牛は、昔から運搬や農耕に貴重な働き手でした。飼い主との密接な関係の中で「牛の角突き」は山古志の人々の娯楽として根付いていきました。
角を突き合わせ、激しくせめぎ会う2頭の牛。手に汗握る勇壮な戦い。千年の歴史を受け継いだ郷土の誇りをお楽しみください。

長岡市HPより



闘牛場の一番上の席からDP1で撮ってみました。
カメラマン凄いでしょー^^
SDIM0321a.jpg

DP1
_DSC1743.jpg



山古志の闘牛は勝ち負けがつくまでは行いません。
短時間で決着がついたとしてもどちらの牛が勝ったとか負けたとかの説明もありません。
セコと言われる人達、司会兼レフェリーの人、本当に彼らもワクワク楽しんでいる様子が伝わります。
一番一番の解説もすごくわかりやすく、お上手です。


頭と頭がぶつかると「ゴツン!」と激しい音がします。
この音には驚きますよ!
D300   AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G      4枚はマニュアルモード撮影
siraさんのアドバイスでトリミングしてみました。(なるほど・・ド迫力)
_DSC9142B.jpg  

_DSC9167.jpg

この後最前列のカメラを倒してしまいます^^;
siraさんのアドバイスでトリミングしてみました。
_DSC9226-C.jpg  

_DSC9075a.jpg

時には激し過ぎてこのような光景も。
角(先端)が折れた試合の後は会場を塩で清めます。
_DSC9458a.jpg


_DSC9523.jpg
小千谷から入るととても良い道で30分かかりません。
関東からでも全く問題なく日帰りできます。

12時半開始ですので、10時頃チケットを買って場所取り→小千谷まで降りて「へぎ蕎麦」→また山古志へ
こんなルートもいいかもしれません。

三脚はOKです。
一眼レフがかなり並びます^^ (C、Nの高速連写機から日本中のデジカメ、ケイタイカメラ、銀塩645のペンタまで^^)
我がD300の高速連写もがんばってくれました^^

僕は初めて行きましたが、県外ナンバーの車の多さにビックリでした。

コメント

見事な迫力!
撮ってみたくなります。
一枚目、2枚目をトリミングしてみると
さらに際立つような気がします^^

sira #- | URL | 2010/06/01 08:32 * edit *

siraさん

これは撮影していて楽しかったですよー!
1トンの牛同士のぶつかり合いは迫力満点。
どうやったら写真で動きが出せるかがテーマでしたが、なかなか難しいですね。
なるほど、トリミングは発想しませんでした。
後で追加したがら牛の1、3枚目ですね!
ガバガバ撮ってあとで編集という事ですね。

u-kazu #- | URL | 2010/06/01 10:54 * edit *

音が聞こえてきそう

「ゴツン!」って聞こえるのですか?
それはそれで怖いような気がします^^

ぶつかり合ってる写真、力強く勇ましい感じで素晴らしいですね!
でも、近くでは危なくて撮れないですね^^


四季 #ixivxIWw | URL | 2010/06/01 15:17 * edit *

ガチバトルなんですねv-91
へぎ蕎麦、、、美味しいですよね
山田は猿やイノシシを追い払う番犬でしたv-533

emuzu #- | URL | 2010/06/01 17:20 * edit *

こんにちは!

被写体として面白そうですが・・・
私この手のもの苦手なんです。^_^;

牛さんの目つき鋭いですね。

スキンヘッドのおじさんも迫力ありすぎ!!

クラビクラ #- | URL | 2010/06/01 18:29 * edit *

すごい激しいぶつかり合いなんですねぇ
私は見ていられないかもです。

marilyn #- | URL | 2010/06/01 20:03 * edit *

この柵の中のダンシは

戦ってる牛より、根性あるような気がする(^^;
すごい迫力だぁ~。

みどり #- | URL | 2010/06/01 20:07 * edit *

四季さん

ゴツンと頭突きの音がすると会場がどよめきます。
最前列は怖いでしょうね。
僕は1階席の後ろで望遠レンズ組でした^^

u-kazu #- | URL | 2010/06/01 20:08 * edit *

emuzuさん

僕も最初は単なる見世物だろうと思っていましたが、とんでもないガチでした^^;
昔の人の最高の娯楽だったのでしょうね!
へぎ蕎麦食べに来てください!

u-kazu #- | URL | 2010/06/01 20:10 * edit *

クラビクラさん

当然こういうの苦手な人がいらっしゃるのはこちらの考慮不足でした。
うちのカミサンも動物同士のバトルは絶対ダメなタイプ。
こういう超動きものはカメラ修行には持ってこいですね!

u-kazu #- | URL | 2010/06/01 20:15 * edit *

marilynさん

激しいですよ!
女性の大半は苦手かも。
会場にも若い女性は少なかったです。
平均年齢55歳以上かな^^;

u-kazu #- | URL | 2010/06/01 20:16 * edit *

みどりさん

そうね。
1回だけとても危ないシーンがありました。
若いセコの人が倒れて1トンの暴れ牛に踏まれそうに・・・
そういう意味でも迫力満点でした。
みどりさんはこういうの大丈夫かな?

u-kazu #- | URL | 2010/06/01 20:19 * edit *

こんばんは

すごい迫力ですね!
ビックリしました
そして この催しにかかわった方々の思い・・・
九州の口蹄疫の問題を 他人事として考えないという気持ちも
すごく素晴らしいと思いました!
やっと重い腰を上げて宮崎を訪問した総理とは大違いですよね

ユウスケ #ZvWJaGwQ | URL | 2010/06/01 22:35 * edit *

ユウスケさん

写真で迫力が伝わり嬉しいです^^
口蹄疫は今でも拡大しつつあるとか・・
マスコミがなるべく騒がないようにしているみたいです。
命を守る政治とか言ってますが、口ばかりの総理大臣とは全然違いますね。
遠くから来た観光客もすごく楽しんでいましたよ!

u-kazu #- | URL | 2010/06/02 06:15 * edit *

度迫力満載!

すごいですね~
男の闘い・・・みたいで。

でも、牛たちのまわりにいる、男衆たちは
こんな側で立ち会っていて、これまた、
すごいなと思いました。

この勢いで、口蹄疫が吹っ飛んでいきますように・・・

まゆたん #- | URL | 2010/06/02 09:12 * edit *

まゆたんさん

迫力は伝わりましたでしょうか?
嬉しいです^^
三脚を使いましたがSSはかなり落としながら連写しまくっていました。
周りのセコ達はかなり危険ですねー。
危ないシーンも1回ありました。
口蹄疫はマスコミはあまり報道しなくなりましたが、広がっているようですし、農家のこれからの生活もさっぱりわからないみたいですね。

u-kazu #- | URL | 2010/06/02 20:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazu0103.blog91.fc2.com/tb.php/207-6eefaeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。